このページでは一部JavaScriptを使用しています。JavaScriptをOnにしてご覧ください。
ネットdeあっとパソコンスクール トップページ 自宅で楽々!インターネットで学ぶコース 家でゆっくり、パソコン家庭教師 講師が会社や会場へ。出張IT講習会 講座一覧TOPへ 事業のご案内

道具がなければ授業はできない。サイバーeにも「道具」がある!

「授業で使う道具」・・・何を思い浮かべますか?

黒板と色とりどりのチョーク、OHPやプロジェクター、先生の指示棒、教科書、ノート、プリントなどの副教材・・・ 懐かしいですね。。。授業には「欠かせない道具」があります。どれひとつ欠けても充実したレッスンはできません。

サイバーeを使ったインターネットレッスンも、教室での授業と同様色々な「道具」を使いながら進められます。

ネットdeあっとパソコンスクールの「インターネットで学ぶ」コース

ネットdeあっとパソコンスクールは、生涯文化事業を推進する全研グループ の中核でeラーニングスクール「e-gakko」を運営する全研本社株式会社 のフランチャイズパートナーです。

お問い合わせinfo@funpc.jp

教室のこんなシーンがサイバーeで・・・
先生が指で画面を指し示すシーン 教えマウスでこうなります。 黒板に先生が書き込みをして説明するシーン 落書きツールでこうなります。 先生がキーの位置を教えるシーン 見えるボードでこうなります。 先生がお手本にパソコンを操作するシーン リモート操作でこうなります。

双方向レッスンを実現する「スグレモノ」たち・・・その1

その便利な道具たちをご紹介しましょう。どの道具も、生徒さんのパソコン画面の上で先生が使うところに特徴があります。

教えマウス

「指示棒」の働きをします。赤いT型のマウスが生徒さんの画面上を差し示します。 先生が指で差し示すように生徒さんの注意を向けたり操作を誘導したりします。

たとえばこんな感じです

落書きツール

「チョーク」「ペン」の働きをします。注意点やポイントを先生が生徒さんの画面に書き込んでくれます。 大きなハナマルを書いてくれるかもしれません。本当の「落書き」のように消すのが大変・・・なんてことはありませんから安心してください。

たとえばこんな感じです

見えるボード

そうですね、例えればあの「巨大なソロバン」というところでしょうか。小さなキーボードが画面に現れ、どのキーを押せばいいのかを光って教えてくれます。 文字入力に自身がない初心者の方でもこれなら大丈夫。

たとえばこんな感じです

リモート操作

どうしても自分ではできなくなって、先生がちょっとだけ手伝ってくれた・・・そんな経験ありますよね。 操作に行き詰ってしまったら、先生が遠隔操作でお手本を見せてくれます。

たとえばこんな感じです

双方向レッスンを実現する「スグレモノ」たち・・・その2

便利な道具はまだあります。

ホワイトボード

文字通りの「ホワイトボード」が生徒さんの画面にあらわれます。 「落書きツール」を使って先生も生徒さんも書き込みができます。

アジェンダ

手元のテキスト(書籍)だけでなく、画面にも教材・副教材を表示しながら授業を進めます。 アジェンダにも「落書きツール」で書き込みができるので、大事なポイントを見逃しません。

手を挙げるボタン/○×?ボタン

いずれも先生と生徒さんがコミュニケーションするための道具です。
「手を挙げるボタン」は、生徒さんが発言や質問をしたいときに使います。
「○×?ボタン」は、生徒さんが先生からの問いに答えるときに使います。

手を挙げるボタン/○×?ボタン

先生がすぐそこにいるような臨場感がご想像いただけたでしょうか?

ホワイトボードはこんな感じです
ホワイトボードの例
アジェンダはこんな感じです
アジェンダの例
現在、日曜日・祝日限定で開講中です。

これだけの道具がインターネット上で使える! サイバーeはすごい!

こんな画期的なしくみは他のどこにもありません。

講師はこれらを使いこなして双方向レッスンをおこなう訓練を受けていますので、生徒さんも安心してレッスンに臨むことができます。


疑問

「マンツーマンで教えてもらえるの?」「友達や家族と一緒にレッスンを受けることはできるの?」・・・

答え

はい、どちらも可能です!
実はサイバーeには「2種類」のシステムがあるのです。

2種類のシステムのの説明へ サイバーeの説明へ

  イーエスブックス「コンピュータ」

| トップページ | インターネットで学ぶ | パソコン家庭教師 | 出張IT講習会 | 講座案内 | 事業案内 | サイトマップ |